「働き方改革」のための手段として注目されている「kintone」の紹介や「サイボウズ」についてまとめ

「働き方改革」のための手段として注目されている「kintone」の紹介や「サイボウズ」についてまとめ

職場の「働き方改革」を勝手に推進している元SEの情報科教員です。

河原プロジェクトとして、今まで様々な取り組みをしてきました。

河原プロジェクト一覧
  • GooglApps(現在のG Suite)を導入してのメールサーバ移行
  • 写真共有基盤として、Googleドライブでの共有設定
  • 社内WikiとしてGoogleサイトで教員ポータルの構築
  • 散らばったExcelデータの統合:生徒個人情報/成績処理データ/進路データ

など

次に狙っているのは、回覧や稟議、承認系の業務フローの見直しと考えていて、どうにかしてサイボウズを導入したいと考えています。
しかし、いきなりサイボウズを導入するのは、予算感からして手が届きそうにないため、サイボウズの製品である「kintone」の情報収集をしました。
(※kintoneに承認フローの管理を求めているわけではないので、ミスリードしてしまったらゴメンなさい。)

kintoneや運営会社のサイボウズとは

今回調査したサービス「kintone」は、

ここを見れば概ね想像できるようになっていますが、マイクロソフトのAccessのクラウド版というのが第一印象です。

ちなみに、トップページに掲げられているコメントはとても尖っていて、とても印象的でした。

労働時間削減、結局現場にムチャぶりですか?
結果出せおじさんと、早く帰れおじさんと・・・
さようなら深夜残業。こんにちは早朝出勤。
ルールだけでなく、ツールで新しい働き方を

サイボウズ?

このようなサービス「kintone」を運営しているのが「サイボウズ」という会社です。

同名のサービス「サイボウズOffice」というグループウェアがあり、名称としてはとても有名です。
また、この会社の社長は最近ニュースでも取り上げられることが増えています。

サイボウズと働き方改革を信頼し始めたきっかけ

サイボウズに対して、とても印象が良くなったのは、このページを見てからで、「働き方」について深く考えるようになったきっかけでもあります。

可愛いアニメーションで、アリをモチーフしたストーリーがとても印象的でした。

「kintone」の紹介動画

そんな会社が「働き方改革」のために推奨し始めたのが今回紹介する「kintone」です。

セミナーや相談会が定期的に開かれているようなので、すぐにでも参加したいと思ってますが、まずは先方が用意してくれているコンテンツで予習して見ました。

第1回 kintoneの基本を知ろう!

情報共有化/ファストシステム/アプリ作成と3点の説明でした。

第2回 日報アプリを作成しよう その1

色々なアプリが作れるとのこと。
サンプルとして、日報アプリの作り方が紹介されていました。
フォームを作るイメージのようです。

第3回日報アプリを作成しよう その2

作成したフォームで登録されたデータの一覧の作り方。
これでアプリが完成するようでした。

第4回 日報アプリにデータを登録してみよう

アプリを使ったデータの登録の手順

第5回 Excelファイルを読み込んで顧客管理アプリを作ろう

取り込みやすい一般的な表であれば、この手順で取り込める印象。

第6回 アプリストアから使いたいアプリを選んでみよう

色々なアプリを流用できるようだ。

第7回 キントーンのデータを自動でグラフ化してみよう

第8回 グラフ機能を使ってクロス集計表を作ってみよう

Excelのピボットのような集計も簡単に作れるようだ。

見たい項目を選んで 「しぼり込み一覧」を作ってみよう

チームの情報共有・コミュニケーションのための「スペース」を作ろう

まとめ

成績処理には使えないけど、名簿管理には使えそうな印象でした。
項目間の連動や、計算/集計ができるのか木になるので、やはり相談会に行ってみたい!と改めて思いました。

Return Top